ナチュラルダイエットクラブ

こんにちは、今日は

表題のナチュラルダイエットクラブの説明をしたいと思い、

書き出しました。

 私は、もともと姿勢ストレッチのトレーナーで、

姿勢がもたらすスタイルへの影響や、

機能性、パフォーマンスを上げるためにも重要であることや、

健康であり続けるためにもとても大切なことを伝えています。

一概に、良い姿勢と言っても直立不動の形ではなく、

頸椎、脊椎、腰椎を合わせた、体幹のS字湾曲がキレイに描けていることです。

このS字姿勢が、きれいにえがけていないと、健康にも、美容にも

良くないことが沢山起ります。

肩こり、首痛、腰痛、ひざ痛、肥満、運動時に怪我をしやすいこと、

身体が重い、足が重い、腕が重い、顔が凝る、目が開けにくい等々

不調の症状が並びます。

 でも、その原因は何だろう?

毎日の生活習慣です。

スマホの見すぎや、姿勢の悪いパソコンの作業による首猫背。

ソファーでの生活や、コタツの座椅子などによる、

寄りかかった悪いすわり姿勢。

など、猫背を誘発させる「首が前に出て、腰が丸まった状態」

これを長時間続けていると、呼吸が浅くなり、

呼吸によって胸を脹らまして立ち上げることが出来なくなります。

それと、食べ過ぎ、飲み過ぎにより内臓に負担がかかり、

お腹が硬くなることで、お腹が伸ばせなくなり猫背になることがあります。

良い姿勢は、背中のS字湾曲が綺麗に描けていることですが、

実は、姿勢は背中をいじっても何も変わりません。

反対側のお腹が重要なのです。

お腹を柔らかくするのです。

表面のプヨプヨはどうでもよくて、

中にある、インナーマッスルの横隔膜・腸骨筋・腹横筋・腹直筋

といった、腹筋群です。

これら腹筋群を皆さんは、鍛えるというとイメージするのは

クランチ型の腹筋トレーニングだとおもいます。

でも、「腹筋は伸ばして使う。」のです。

腹筋群を硬くしてしまうとお腹が縮まってしまうので、

前に引っ張られて、背中が猫背になってしまうのです。

トレーニングだけでなく、

悪い生活習慣・食習慣によってもお腹が硬くなり、

猫背が誘発されてしまいます。

 それらを改善するためにも、

運動面と一緒に食の面も改善する必要があるのです。

一概に、運動といっても何でもよいわけではありません。

まずは、動ける身体にしてからでないと、怪我をします。

そのための、姿勢づくりをしなければなりません。

ここで云う運動は、姿勢を良くするための姿勢ストレッチ

のことです。

まずは、施術型の姿勢ストレッチを施し、

「動きやすい、動ける身体づくり」をしていきます。

そして、現代人が陥りやすい悪い食習慣サイクルから

抜け出す対策をとっていきます。

ナチュラルダイエットクラブは、

フィジカル面の指導者であるSレッチングトレーナーと

食習慣の改善の指導者であるナチュラルダイエットマイスター

の資格を活かした指導ができる教室なのです。


注目記事
新着記事
過去の記事
Follow Us
  • Facebook Basic Square

お客様の声:

仕事に対する気持ちまで変わってきました!

 

元気になりたい!と思い通わせて頂いて3ヵ月ぐらいたちました。

体力がなく毎日体がだるいと思いながら仕事を頑張っていたんですが、最近は先生の食事やストレッチ、ランニングのアドバイスのおかげで疲れ方がかわってきて、仕事に対する気持ちまで変わってきました。食事を変えて運動するって素晴らしい事ですね♪

(パーソナル・ストレッチ受講者)

お問い合わせ:

電話 :090-4612-0370
メール:sretchingina@gmail.com

ソーシャル:

  • Facebook アプリのアイコン
  • Facebook アプリのアイコン

© 2017 Harada Nobuko All Rights Reserved.