ぽっかぽかビーツレシピ(ボルシチ)

前回下処理の方法を説明しました。

ので、いよいよボルシチ作りたいと思います。

そもそもボルシチってビーツが入らないと

ボルシチとは言わないんですよ。

だけど、なじみの薄い野菜だけに、皆さん

扱いにくいのがたまにきずですね。

下処理さえ、しっかりしておけば、

「煮ていたら、色がどんどん退色してきた~」

「ビーツが大根みたいに白くなった~」

「土臭くて食べれなかった~」

何てことは起こりません。

ビーツの色素は、ベタニン、ベタシアニン、といって、

水溶性のとても不安定な色素です。

だから、色素が布についても、比較的洗えば

とれます。

多様のアミノ酸を含んでおり、それらとくっいて

色素が存在するため、熱に弱く、不安定です。

さて、ボルシチの材料ですが、

ニンニクやキャベツジャガイモととても相性が良いです。

いかにもロシアの食材って感じでしょう。

ロールキャベツや、ジャガイモ料理多いですよね。

基本的にビーツさえ入っていればアレンジは、自由です。

下処理したビーツが出来ていれば、

後は、お好きな肉(牛、豚、鶏)にニンニクスライス、キャベツ、

玉ねぎ、ジャガイモ、トマトなど加えて、炒め、塩コショウ。

水をひたひた程度に加え20分程度似ておきます。

下処理したビーツを加え塩分を整えて、

5分程度煮ます。

この場合のビーツはほとんど退色しませんが、

柔らかさと味をみながら、休ませたり火にかけたり

を2回ぐらい繰り返してみても、味がなじみ、

しっとりとしたボルシチができますよ。

出来上がりは、サワークリームをトッピング。

忘れずに。


注目記事
新着記事
過去の記事
Follow Us
  • Facebook Basic Square

お客様の声:

仕事に対する気持ちまで変わってきました!

 

元気になりたい!と思い通わせて頂いて3ヵ月ぐらいたちました。

体力がなく毎日体がだるいと思いながら仕事を頑張っていたんですが、最近は先生の食事やストレッチ、ランニングのアドバイスのおかげで疲れ方がかわってきて、仕事に対する気持ちまで変わってきました。食事を変えて運動するって素晴らしい事ですね♪

(パーソナル・ストレッチ受講者)

お問い合わせ:

電話 :090-4612-0370
メール:sretchingina@gmail.com

ソーシャル:

  • Facebook アプリのアイコン
  • Facebook アプリのアイコン

© 2017 Harada Nobuko All Rights Reserved.