お酒好きで、腰痛持ち

これからの時期、益々ビールが美味しい時期ですね。

お酒好きで、毎晩欠かせませんという人がけっこういますね。 

そしてこういう方の持病が腰痛であることも多いですね。

肩こり、腰痛、ひざ痛。これ3点セットみたいなものですね。

アルコールは、アセトアルデヒドという毒素がでます。どくそが身体

に回ったら、解毒のために肝臓がフル活動です。

一緒に食べた食物も消化できず、脂肪細胞に中性脂肪がたくわえられます。

お酒は太るというのは、このためです。

結構内臓疲れが、お腹を硬くして、それが腰痛ひざ痛の原因に

なっていることが多いです。

教室にいらしている、普段はお酒は飲まない生徒さんでも・・・・。

「もともと、肩こりだったんですけど、肩こりが良くなってきたら、

今日は腰がいたいんですよ。何だか、膝にまで来ていて。どうしたのかな?」

特に変わったことしてないんだけど。」

だいたい、の皆さんこうおっしゃいます。

詳しく聞いていくと「飲み会とかありました?」

「アー、先週は、そういえば2回あって~つい、普段は飲まないんですけど、

行くと飲み過ぎちゃって。」

「旅行に行ってかなり飲んじゃいました。」

の話になります。飲み過ぎ食べ過ぎは、内臓を疲れさせ、酵素の無駄

使いになるため、(内臓機能を回復させるために、多くの酵素が使われ

てしまうため。)疲労回復させたり、代謝アップに酵素が活躍できません。

皆さん、腹も身のうちです。飽食の現代は、通常の食事でさえ昔の盆暮れ

正月に匹敵しています。

「ちょっと多く食べただけなのに?飲んだだけなのに?」

の声が聞こえてきそうです。

でも、自分が一番知っているんだよね。

なんだか、具合悪くなるパターンてありますからね。


注目記事
新着記事
過去の記事
Follow Us
  • Facebook Basic Square

お客様の声:

仕事に対する気持ちまで変わってきました!

 

元気になりたい!と思い通わせて頂いて3ヵ月ぐらいたちました。

体力がなく毎日体がだるいと思いながら仕事を頑張っていたんですが、最近は先生の食事やストレッチ、ランニングのアドバイスのおかげで疲れ方がかわってきて、仕事に対する気持ちまで変わってきました。食事を変えて運動するって素晴らしい事ですね♪

(パーソナル・ストレッチ受講者)

お問い合わせ:

電話 :090-4612-0370
メール:sretchingina@gmail.com

ソーシャル:

  • Facebook アプリのアイコン
  • Facebook アプリのアイコン

© 2017 Harada Nobuko All Rights Reserved.