身体が硬いもっと柔らかくしたい。

身体が硬くて、体調不良の人多いですね。

はてっ、体調不良だから身体が硬いのか。

「健康になりたいので、運動すると良いと聞きますが、できないんです。」

「姿勢を良くしたいんですけど、姿勢よくすると疲れるんです。」

「何やってもだめなんです。でも憧れちゃう柔らかく、解れたカラダ」

「運動しても、肩こりってとれないんですか?私が悪いの?」

なんか、一杯聞こえてきそうです。

それと同時に、過去何十年にも渡っておもっていたことでした。

元凶はどこにあったのかわかりました。

なんと、お腹です。といっても横隔膜ですが・・・・。

この横隔膜、姿勢が悪い生活をしていると、呼吸が浅くなり、

あまり、つかいません。すると硬くなります。

お腹が硬くなる⇒猫背になる。

お腹が縮み胸や首の呼吸筋群も前に引っ張られる。

腰のポジションが前傾する。

結果猫背になる。

猫背になると、身体の柔軟性は、なくなるんです。

どこも、かしこも硬くなります。

身体を効率よく使えなくなるので、局所的に無理な動きがでてきます。

⇒ 肩こり腰痛ひざ痛などがおきてきます。

  臓器への負担も増えます。

お腹が伸びると(横隔膜が広がる大きな呼吸

ができるようになる。)

お腹を伸ばして、胸がはれるようになる。

お腹が柔らかくなる⇒姿勢が良くなる。身体が柔らかくなる。

身体を柔らかくする第一歩です。

姿勢ストレッチだけで、肩こりが快方に向かう方

がほとんどです。

姿勢を整えて、歩く、走る、踊る、スポーツする

のが怪我の予防にもなります。

パフォーマンスも変わってきますよ。


注目記事
新着記事
過去の記事
Follow Us
  • Facebook Basic Square

お客様の声:

仕事に対する気持ちまで変わってきました!

 

元気になりたい!と思い通わせて頂いて3ヵ月ぐらいたちました。

体力がなく毎日体がだるいと思いながら仕事を頑張っていたんですが、最近は先生の食事やストレッチ、ランニングのアドバイスのおかげで疲れ方がかわってきて、仕事に対する気持ちまで変わってきました。食事を変えて運動するって素晴らしい事ですね♪

(パーソナル・ストレッチ受講者)

お問い合わせ:

電話 :090-4612-0370
メール:sretchingina@gmail.com

ソーシャル:

  • Facebook アプリのアイコン
  • Facebook アプリのアイコン

© 2017 Harada Nobuko All Rights Reserved.